LINEマーケティング攻略

【プロラインフリー】無料で使えるLINEマーケティングツール

prolinefree

プロラインフリーとは?

プロラインフリーとは公式LINEアカウントに様々な機能を追加する拡張ツールになります。こういうやつです↓

プロラインフリーを使った動画

この記事では

  • プロラインフリーでできること
  • LINEを使ったマーケティングの特徴
  • 見込める効果
  • 有効な施策
  • デメリット

などwebマーケティングをLINEで行う際、いかにプロラインフリーが重要なツールかを解説していきます!あなたがもし、下記に当てはまれば特に要チェックなので是非最後までお付き合いください。

とりすたん
とりすたん
LINEマーケは知ってるからプロラインフリーの具体的な機能や使い方教えて!

という方は、下記の記事をご覧ください。

【プロラインフリー】使い方と機能の概要を画像付きで解説使い方や機能を使用者目線でズバリ解説!37枚の画像を使用し分かりやすくまとめました。プロラインフリー使用中の方や導入を検討中の方は是非ご覧ください。...

このページ内ではご紹介しきれていないメリットや特典(リッチメニューテンプレ)、気になるQ&A等が公式ページに記載されていますので、気になった方は下記のリンクから是非チェックしてみてください。

公式ページで確認する→無料で使える高機能LINE自動化ツール【プロラインフリー】の詳細はこちら

LINE公式の足りない機能をプロラインフリーで補う

プロラインフリーを使うにあたってまずはLINEの公式アカウントを作成する必要があります。LINE公式アカウントだけでも最低限の運用は可能ですが、本格的に使っていく場合下記のようなデメリットが発生します。

  • 複数のシナリオを分岐させて送れない。
  • リストを分けて配信できない。
  • 一斉送信ばかりになりブロック数が増える。
  • 新規の友達は相手からのアクションがなければ誰かわからない。
  • 増えた友だちの管理や仕分けができない。
  • 行動履歴や商品の購買履歴をもとに適切なメッセージを送りたい。

中でもシナリオ移動を前提としたステップ配信機能はWEB集客をする上で最重要な機能です。

このデメリットをすべて解決できるのがプロラインフリーです。

img_function2
img_function3

プロラインフリーを使えば詳細な顧客情報が手に入る

bnr_proline_880_276

プロラインフリーの最大のメリットは、「詳細な顧客情報を元に顧客にあったマーケティングを行える」ことにあります。

メルマガ、Twitter、YouYube等を使いビジネスをする場合、相手がどこの誰かは通常分かりません。

相手のことが何もわからない状態で商品を販売するのは難しいですよね?ところがプロラインフリーを使えばあらかじめ相手の情報をつかんだうえでセールスができるようになるのでかなり強力な武器になります。

通常のLINE公式アカウントでは、スタンプを送ってくれた人しか顔と名前がわからず、個別でのやりとりもできませんでしたが、プロラインフリーを使えば、LINEに登録しただけで相手の顔と名前がわかり、個別トークが即可能になります。

広告費を削減できる

一度友達登録してもらえればメッセージの一斉配信なども行え、クリック率はメルマガの20倍以上、クリック率や成約率などの効果指標が、メールの4~5倍、もしくはそれ以上になる事例も少なくありません。

開封率やクリック率、購入率などを単純計算してみても、LINE公式アカウントはメルマガの数十倍~数百倍の効果が推測でき絶大な広告効果を得ることができます。

キャンペーンやオススメの商品を案内したい時や、ライブ配信を行う案内など色々な面で役に立つと思います。

しかもお客さんの特性に合わせ発信する情報を分けることができますので、無駄な情報発信を減らし、効率的な運用ができるようになります。

うまく使えば今まであなたが集客にかけていた費用を0にすることも可能になってきます。

ユーザーの興味に沿った提案が可能に

アンケートなどを使えば、性別や年齢、電話番号、住んでいる地域、好きな食べ物、興味があること、今の心境、などといったように、こちらが欲しい相手の情報を知ったうえで商品が提案できます。

例えば教育系のコンテンツを販売している方なら、「相手のスキルレベルや相手がどんな分野の学習に興味があり、具体的にどんな悩みを抱えているか」が分かったうえで情報を届けられるので、圧倒的にサービスの成約率が上がります。

どんなに優れた商品を持っていても「欲しくない人」にすすめていては絶対買ってもらえませんからね。

ここまででLINEを使ったマーケティングを効率的に運用していくために、専用のツールが必要になるということはお分かりいただけたでしょうか?

次の項目では気になる価格や機能の面などを比較し解説していきます。

プロラインフリーの価格と使える機能

気になるお値段ですが、プロラインフリーには3つのプランがあります。それぞれ

  • フリープラン
  • プロプラン
  • ゴールドプラン

となっており。価格や機能は下記の通りです。

フリープランの注意点として、無料コンサルを受けることで無制限になる機能が2つあります。

  • メッセージ配信数上限
  • マルチアカウント数

メッセージ配信数上限は特に重要な項目ですので、登録した後は必ず無料コンサルを受けるようにしましょう。実はこれめちゃくちゃ凄いことで他のツールだと有料版でも配信数に上限があったりします。

つまり他のツールだと通常は

  • LINE公式のメッセージ配信上限を超えた費用
  • 拡張ツールの維持費
  • 拡張ツールのメッセージ配信上限を超えた費用

が毎月費用として掛かるのに対し、プロラインフリーの無料版だと

LINE公式のメッセージ配信上限を超えた費用だけ!

でOK!ということです。メッセージをたくさん送れば送るほど差が出てきますので、無料コンサルは必ず受けるようにしましょう!

登録が終わったら、コンサルまで少し時間が空きますので、その間にツールを使い倒し分からないことはいろいろ聞いた方がお得です。自分は聞きすぎて質問だけで時間全部使ってしまいました…。

いろいろできる分、使い方が結構複雑で慣れが必要ですが、マニュアルや動画での使い方講座も豊富に用意されているのでその辺は安心です!

もし何かわからないことがあれば、使用者目線で使い方や機能の解説記事を作成しましたので是非ご覧ください。

【プロラインフリー】使い方と機能の概要を画像付きで解説使い方や機能を使用者目線でズバリ解説!37枚の画像を使用し分かりやすくまとめました。プロラインフリー使用中の方や導入を検討中の方は是非ご覧ください。...

ということで無料コンサルを受ければ有料版と無料版の違いは組めるステップ数、画像などの保存容量のみとなり、他の機能はすべて無料且つ無制限で使えるようになります。

コンサル受講後は最大90日間無料で上位プランもお試しできるので、上位プランが必要かどうか判断できるのもうれしいですね。必要なければダウングレードして無料で使えば一切費用をかけずにスタートできます。

各特典については期間限定の可能性もありますので、早めにチェックしてください!

他LINE拡張ツールとの違い

類似のサービスで一番有名な他社ツールの最安プラン(2,980円)と比べてみましょう。

表にある通り他社ツールの最安プランでは月間配信数の制限と、最低月額費用の2,980円がかかります。そのほかにも制限がありまとめると

  • 無料のプランはなく最低2,980円かかる。
  • 最安プランの月間配信数は1000通まで
  • リッチメニューが使えない
  • URLのクリック測定ができない

プロラインフリーの無料版と比べて、他社ツールにはこれだけの制限があります。

リッチメニューが使えなかったり、URLのクリック測定ができないのはかなりのデメリットなので、他社ツールで本格的に運用していくには最低でも21,780円~のプランが必要になってきます。

プロラインフリーの無料版と他社ツールの21,780円のプランを比べても機能的な差はなく、もはや同じ土俵にすら立ててないので、申し訳ないですが個人的には他社ツールを選ぶ理由が見当らなかったというのが正直なところです。

私もネットやオープンチャットなどで色々情報を集めたんですが、

「なんか分析が細かくできるらしい」

ぐらいで、やはりその価格に見合うだけの特別なメリットは感じられませんでした。

年商数億~数十億の規模でマーケティングしていくなら他社ツールの分析機能は確かに魅力的ですが、1億以下の小規模なビジネスではプロラインフリーが圧倒的にオススメです。

プロラインフリーの評判・口コミ

では実際に使用している人の評判と口コミを見て見ましょう!※オートSNSはプロラインフリーの旧名。

やはり皆さん維持費の安さと機能面での評価が高いですね。

一方デメリットとしては、機能が多すぎて使い方が難しいという意見が多かったです。

使い方が分からなくて不安な方はこちらをご覧ください。

【プロラインフリー】使い方と機能の概要を画像付きで解説使い方や機能を使用者目線でズバリ解説!37枚の画像を使用し分かりやすくまとめました。プロラインフリー使用中の方や導入を検討中の方は是非ご覧ください。...

お得な紹介制度

いわゆるアフィリエイトというやつですが、プロラインフリーはこちらの制度も充実しており、低いハードルでわりかし簡単に報酬をゲットできます。

細かいアフィリエイトとの条件が気になる方はこちらをチェックしてください。→プロラインフリーアフィリエイト

プロラインフリーの評価とデメリット

ここまでの内容でいかにプロラインフリーが優れたツールかご理解いただけたと思いますが、あまり褒め過ぎても不安に思うかもしれませんので、数少ないデメリットもお伝えしておきます。

オファーの圧がすごい

制作者の加藤さんという方が、まぁこれが凄い方で私は勝手に「コンテンツお化け」と呼ばせてもらってます。(尊敬の意を込めて)

「次世代起業家セミナー」というのを主催している方で、ビジネスの基本やマーケティングについて学べるすごく為になるセミナーだとは思いますし、初めはお金もかからないのでこちらにはメリットしかないのですが、とにかく圧が凄いです。

とんでもない量のコンテンツが送られてきますので人によってはうんざりしてしまうこともあるかもしれませんのでご覚悟を。もちろん強制ではありませんのでそこはご安心ください。

ただこれは人によってはむしろメリットになります。

あくまでプロラインフリーはただのツールで当然使う人や使い方によっては得られる効果が変わってきます。ビジネスの基本やマーケティングについて学べばツールの効果も最大限引き出せるでしょう。

ここでは個人名は伏せますがそのセミナーに、今では日本中に美容室を展開されているKさんもゲスト講師として参加していました。

だいぶ前の映像だと思いますのでまだ全国展開する前だと思います。他にも有名な方が多数参加されているセミナーの様なので気になる方は是非最後までチャレンジしてみてください。

オファーの圧は良いツールの証!?

余談になりますが、オファーの圧をマーケティングの観点から分析してみましょう。

マーケティングにおける3種類の商品はご存知でしょうか?

  • 集客用赤字覚悟のフロントエンド商品
  • 本当に売りたい利益の出るバックエンド商品
  • 権威性や専門性をだすコンセプト商品

無料プレゼントやお得なセール品等で集客、メインの商品で利益を上げてコンセプト商品で権威性を示す。

コンセプト商品とは一時間100万のマンツーマンコンサルや、そんなん誰が買うねん!って言う高額商品なんかのことです。思い当たる節がありますよね?

では、このプロラインフリーを分析してみましょう。
無料でこれだけの機能を開放するということは、こちらは販売元にとってフロントエンド商品であることが分かります。

よってその後のオファーは利益商品であるバックエンド商品へ誘導するためのものということになります。バックエンド商品とは「ビジネススキルそのものを学ぶ教材」です。

あくまでもプロラインフリーは1ツールにすぎません。ビジネススキルを教えることこそがプロラインフリーとセットで販売されるバックエンド商品となっていると考えられます。

ここで注目なのがフロントエンド商品はお客さんにとって圧倒的に価値のあるものでなければ意味がないということです。無謀ともいえる条件で価値のあるものを提案し、お客さんを集客、満足してもらわないとバックエンド商品は売れません。

無料でこれだけの機能が使えるのにもちゃんとした理由がある訳です。

固定費を侮るなかれ

その他はデメリットと呼べるものは特に見当たりません、先ほど紹介した有名な他社ツールと比べても機能面では大差ないですし、価格では圧倒的にプロラインフリーのほうがお得です。

わりと本気で、多くの人が他ツールを選んでいる理由がよく分からないんですよね…

確かに広告に芸能人を起用したり、有名インフルエンサーが使ってたりと、知名度はあるようですが‥なんでだろ?

一つ思ったのは販売ページが、ちょっと情報商材っぽくて怪しい雰囲気があるので敬遠する人がいるのかなぁって所ぐらいです。 ※ツールは間違いなく本物です!

おそらくプロラインフリーは他のツールに比べ広告費をあまりかけていない可能性が高く、それが認知度の低さとLPの見た目に繋がっているのかな?と勝手に思っています。

ただ無料で提供するにはあまり大きな広告費はかけられないというのが実際のところで、他のツールに関しては月間使用料に広告費も乗ってる可能性が非常に高いです。

ただ一番大事なのは、見た目やイメージではなく実際使っていくうえでの機能や月額の固定費だと思います。
これからあなたがツールを使って対面していくお客さん的には「使っているツールが何か?」は重要ではありません。

長く使う可能性の高いツールですので、なんとなく雰囲気で選ぶのではなく、納得いくまでしっかり機能面や価格を比較してみてください。

さて、話がそれましたが先ほど説明した他のツールを使った際の最低限必要な費用で1年間運用すると…

21,780×12=261,360円

一方プロラインフリーは無料で運用できます。一つ上のプランでも月額9,680円なので年間15万円ほど固定費に差が出てしまいます。

15万円あったら広告も打てるので、足りない集客の部分も補うことだってできちゃいますよね。

実際に私もFacebookやGoogle、またLINE本体で毎月友達を増やすために広告を打っていますが、維持費が高いと間違いなくその部分の支出を圧迫することになるので、固定費の安いプロラインフリーには大変満足しています。

一度使い始めると他のツールに移行するのはかなり大変ですので、この固定費の差は後々めちゃくちゃ響いてくると思います。他のツールをご検討中の方は良く考えてご決断ください。

さらに、アフィリエイトもできるので知り合いの方にオススメすればそこで収益を得ることも可能なのでダブルで有難いですね。

利益を出すために必要な売り上げは?

ツールの維持費について少し深堀してみます。

経営するにあたって固定費は悩みの種ですよね。
みなさんも固定費を少しでも下げようと日々努力されていると思います。

当たり前の話ですが、固定費がかかるとその分多く利益を出さなくてはいけなくなります。

先ほど説明した通り、他社ツールを使った際の最低限必要な維持費は1年間で

21,780×12=261,360円

になります。こちらの維持費をペイして利益を出すためにはいくらの売り上げが必要になってくるでしょうか?

原価率は業種によっても異なりますが、飲食店の場合(30%)で必要な売り上げを計算すると…

261,360÷0.7=373,371

つまり、LINEを通して来店してくれたお客さんの売り上げが373,371円を超えてからがスタートになるということです。客単価3,000円で考えると125人来店してくれないと、利益が出ない計算になり、それ以下だとツールを使う意味がなくなってしまいます。

しかし、維持費0で運用可能なプロラインフリーを使えば、1人目のお客さんか即利益になります。

原価率が低く高額な商品を販売している方なら気にならないかもしれませんが、原価率が高く客単価の低いビジネスではこの固定費はかなりの重荷になると思います。

しかもツールの特性上、一度使用を開始するとすぐ止めたりはしないと思うので、最低でも1年~2年、長ければ10年~使うことになると思います。

その間、この固定費は毎年あなたの肩に重くのしかかってくることになるのです。

ビジネスの基本構造

商品やコンテンツ、サービスを販売するうえで最も重要な項目が4つあります。

  1. 顧客獲得単価を下げる
  2. 顧客生涯価値を増やす
  3. アフターフォローをしっかりする
  4. 業務の自動化

①の顧客単価を下げるためにまずは集客を工夫する必要があります。お客さんを集めるところはプロラインフリー単体では行えませんので自力でやる必要があります。集客の方法としては

  • 口コミ
  • SNS運用
  • ブログなどのオンラインメディア
  • ネット広告
  • 広告媒体

等があり下に行くほど費用が掛かります。
理想は口コミやSNSで集客→ブログやLP、実店舗で友達登録→LINEを使って商品(サービス)販売の流れです。
余裕が出てきたら有料の広告をうつともっと効果が出やすいですね。

正直な話、今回ご紹介したLINEマーケティングは商品や実店舗、コンテンツを持っている人は全員取り組んだほうがいいレベルです。

先ほど紹介したビジネスにおける最重要項目の②~④すべてをこのツールで完結でき、且つ作業のほぼほぼ全てを自動化出来るので、加速度的にビジネスが成長していきます。はっきり言ってめちゃくちゃ強力です。

SNSで影響力を持っているいわゆるインフルエンサーと呼ばれる方たちも、最近このLINEマーケティングでビジネスを加速させているパターンを多く見ます。

中には月収数千万~数億を自動で稼ぐ方たちもいるほどです。これからどんどんLINEを使ったマーケティングが広がっていくのは自然な流れです。なぜLINEを使ったマーケティングがそれほど重要なんでしょうか?

LINEは8,600万人が利用する日本最大のコミュニケーションツール

その理由は圧倒的な利用者の数です。

ビジネスをする上でLINEは現在最も無視できないツールです。

日本でぶっちぎりのダントツで利用者が多いのはご存知だと思います。もはやあなたの周りで使っていない人を探す方が難しい状況ですよね。


LINEがビジネスで使われる以前はメールマガジンがスタンダードでしたが、現在でははっきり言って下記の理由から勝負になりません。


少し前の章でも触れましたが、LINEとメルマガとでは到達率や開封率、クリック率に大きな差があり、LINEの到達率はほぼ100%なのに対し、メルマガは10〜30%ほど。そして開封率はLINEが60%なのに対し、メルマガは10〜30%ほどです。

つまりメルマガは10人中1人、LINEは10人中6人が送ったコンテンツに触れるということです。あなたが同じように努力して商品やサービスを案内しても、6倍の差が生まれるということです。

プロラインフリーまとめ

SNSのインフルエンサーの方たちはよく利用されているLINEマーケティングですが、一般的にはまだまだ本格的に参入している方は少ないように感じます。

正直ラインを使ったマーケティングはある程度ビジネスが形になっている中級〜上級者向けの戦略だと思います。残念ながらラインを使ったマーケティングがいかに強力であるか?はある程度ビジネス力がないと理解できないのが実態でしょう。この記事をここまで読んでいて、ラインマーケティングを検討している時点であなたのビジネス力が高いのは十分に理解できます。

リスト獲得、教育、販売、アフターフォローがすべて一貫して行えるラインマーケティングを是非取り入れて見てください。

このようなツールは必ず先行者が優位になります。取り組み始めるのが今日なのか、来月なのかで大きな差が生まれるかもしれません。

まだあなたは忙しい中、貴重で少ないわずかな時間を使って、すべて手作業でお客さんとやり取りしていきますか?もしある一定の業務を自動化出来れば、余った時間でもっと別の価値をお客さんに与えることもできるかもしれません。

自動で億単位の売り上げを上げる!まではいかなくとも、今より少ない負担でより多くの客さんにアピールしビジネスを成長させていくことは十分に可能だと思いますし、コロナ過でも生き残れる強いビジネスの構築に最適なツールだと思います。

是非このチャンスを逃さないよう、取り組んでみてください!ツールを使わないこと自体が最大の損失といっても過言ではありませんからね。

まだまだご紹介しきれていないメリットや特典(リッチメニューテンプレ)、気になるQ&A等が公式ページに記載されていますので、是非公式ページもチェックしてみてください!

公式ページで確認する→無料で使える高機能LINE自動化ツール【プロラインフリー】の詳細はこちら

あなたのビジネスが成功することを祈っております。

ABOUT ME
とりすたん
glideというノーコードツールを使いアプリをゴニョゴニョしています。エンジニアではございませんので専門用語とかはヤメテください。 中の人は人口減少に苦しむ地方で小売り、飲食店を営む経営者です。ネットショップでは年間8000件全国へ商品をお届けしております。 ノーコードブログ&ビジネスに即使えるSNS必勝法を発信中!!!